FXにおいて外国為替変動で注意する点は?

 

 

FXの収益にはインカムゲインキャピタルゲインとがあります。

 

インカムゲインとはスワップポイントによる収入と考えてよいでしょう。

 

そしてキャピタルゲインとはレートの変動による収入です。

 

ドル円を1ドル=82円の時に買って1ドル=85円の時に売れば利益が出るわけですが、このようにレートの変動によって得られる利益をキャピタルゲインと呼びます。

 

レートの変動によって損失が発生することもありますが、この場合にはキャピタルロスと呼びます。

 

外国為替レートが変動することによってキャピタルロスが発生する可能性があるということを注意しておかなければならないでしょう。

 

FXでは高いレバレッジをかけているわけですから、キャピタルロスもレバレッジによって大きくなっているということを忘れてはなりません。

 

特にスワップ派の人には注意が必要です。

 

スワップ派とは高金利通貨を高いレバレッジをかけて買う事によって、高いスワップポイントを稼ごうという考え方をもつ人たちです。

 

FXを外貨預金と同じようなものだと考えている人の多くはスワップ派だと言われています。

 

スワップポイントによるインカムゲインよりもキャピタルロスが上回ってしまう可能性もあります。

 

その原因は相場の内部によるものである可能性もありますし、相場の外部からもたらされるものである可能性もあります。

 

これらの要因をすべて把握することは不可能だと思いますが、基本的なものをチェックしておく必要はあるでしょう。そして、外貨両替はここでしましょう。